シングルマザーの方は、子育てに奮闘している中でもふと男性との恋愛が恋しくなることがありますよね。暇がなくても、恋愛したくないわけではない、再婚したくないわけではないという気持ちは誰にでもあるはずです。

機会があれば、シングルマザーだって再婚に向けて動きたいものでしょう。では、実際にシングルマザーが再婚したいと思うきっかけとはどういう時に訪れるものなのでしょうか?

今回はそんなシングルマザーが再婚したいと思うきっかけについて、まとめてみました。少し再婚について気持ちが高まってきているシングルマザーの女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

寂しいから

子供がいて満たされているとはいえ、寂しくなる瞬間は絶対にあるものです。特に、子供と父親、母親の3人で歩いている家族の姿を見たとき、自分と比較して虚しい気持ちになるのはシングルマザーの女性にはよくあることなのです。

寂しさを紛らわしたいと考え、子育てにある程度区切りがついた段階で再婚を考え始めるシングルマザーの女性は非常に多いものです。一人で子育てをするのも慣れっこかもしれませんが、やはりふとした瞬間に、自分を癒してくれるパートナーが欲しくなってしまいますよね。

子どもに父親を作ってあげたいから

まだまだ幼い子供が「なんでうちにはパパがいないの?」と聞いてきたとき、やはり子供のために父親を作ってあげるべきか悩むシングルマザーの女性は非常に多いはずです。

なんとか育てることはできていても、父親がいないことで今後思わぬ障害があるかもしれないと考えたら…今すぐにでも再婚しなければ、と焦ってしまうことでしょう。片親で育つと子供は問題を抱えやすいと言いますし、気にしてしまう女性は多いはずです。

両親や友人からの勧め

自分自身はパートナーを求めていなくても、世間体や心配などで両親が再婚を薦めてくる場合もありますよね。やはりシングルマザーというと何かと不自由することも多いでしょうから、両親としてはもう一度パートナーを見つけ直してほしいと思うものでしょう。

更に、友人から勧められて再婚を意識する人も多いです。最近は離婚、再婚の数も大幅に増えた世の中ですから、再婚の経験がある友人などもいるでしょう。再婚の経験がある友人から勧められたら、少し心強い部分はあるはずです。「私にもチャンスはあるかも…」と再婚へ意識が芽生えるきっかけになります。

経済的にも精神的にも、子育てをサポートしてくれるパートナーがほしいから

シングルマザーの女性は、生活費から子供の教育費まで誰の力も借りずに一人で頑張る人もいるものですが、やはりほとんどの女性が養育費を受け取っていたり、両親から助けてもらったりなどをしながら子育てを頑張っていることが多いです。

するとやはり、途中で経済的にも精神的にも自分をサポートしてくれるパートナーの存在を、強く望むようになるものです。一人で頑張るのも、なかなか長続きはしないものです。経済的にも、精神的にも傍で支えてくれる人がいるからこそ、家族というものは成立しているところはあるのです。

だからこそ、そんな家族の中で夫という存在が欠けているシングルマザーは、つらい思いをすることがたくさんあります。精神的にも経済的にもつらい、そう感じたとき、再婚を意識し始めるシングルマザーの女性はたくさんいます。

子どもが自立したとき

子供が成人し、自立してくれたことで再婚を考えるシングルマザーの女性も多くいるものです。子育て中はどうしても恋愛をする余裕など持てなかったところが、子供が自立してくれて手がかからなくなり、自分の幸せを考えられるようにもなるのです。

子供も母親のことを理解し、子供の方から再婚を勧める場合もあるでしょう。子供が自立したあと、自分が今度心配するべきは老後のことです。子供はいつか自分の家族を築いていきますから、自分は老後を楽しく過ごせるパートナーを探したいと思うのは普通なのです。