再婚を意識するシングルマザーの皆さん、どうやって出会いを見つければいいのか、そもそも自分に再婚のチャンスはないのではないかなど、行動を起こしたくてもどうしたら良いか分からず、途方に暮れてはいないでしょうか?

 

なかなか再婚したくてもできないシングルマザーには、皆共通した特徴があるものです。以下のようなことに気をつければ、きっと婚活でも素敵な男性との出会いがあるはずですよ。

 

今回は再婚したくてもできないシングルマザーの特徴についてまとめています。心当たりのあるシングルマザーの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

頼る気満々

そもそも、あなたが再婚を望む理由とは何でしょうか?自分の幸せ、もしくは子供の幸せのためでしょうか?それとも経済的に助けてくれる人の存在が欲しいからでしょうか。再婚したいと思う理由はいろいろあれど、最初から再婚相手の男性に頼る気満々のシングルマザーは、どうしても再婚がうまくいかない場合が多いです。

 

男性は、あなた自身に頼ってほしいことばかりを期待して一緒になりたいと思っているわけではないからですね。そもそも人に依存するタイプの人は煙たがられやすいと言いますし、婚活の場でもそれは同じです。

 

お互いにどんな状況であっても、やはり助け合える間柄が一番ですね。最初から再婚相手に経済的にも精神的にも頼る気満々だと、婚活も失敗してしまう場合が非常に多いので気を受けましょう。

 

 

子どもが男性に懐いてくれない

シングルマザーが再婚に失敗しやすい理由の一つとして、やはり子供が男性に懐いてくれないということがあげられます。まだまだ幼い子供とはいえ、一人の感情を持った人間です。定期的に男性と会わせてあげていれば懐くのかと言えば、そんな簡単な話ではありませんね。

 

人と人ですから、男性との相性もあります。子供自身が人見知りしやすい性格だと、そもそも誰とも打ち解けるのには時間がかかりますから、再婚には苦労する可能性はかなり高いです。子供がいる以上、再婚相手に子どもが懐くかどうかはかなり大事なポイントですからね。

 

子供が人見知りしやすい性格に育ってしまっているなら、再婚することも考えて、積極的に知らない人とでも話せるようにケアしてあげることが大切です。ですがこれは焦ってもいけません。時間をかけてゆっくりと子供の人見知りを直しながら、再婚も時間をかけて焦らず考えていくのが良いかもしれません。

 

 

後ろ向きに生きている

後ろ向きがちなシングルマザーの女性は、どうしても再婚を意識しても行動が起こせない場合が多いです。そもそも自分がシングルマザーであることを過剰に気にしてしまうことも多いでしょうから、引け目を感じてしまい、婚活の場にも足が重くなってしまいがちです。

 

常に「どうせ私なんて苦労人のシングルマザーだから…」という自信のなさがつきまとうため、相手の男性にとってもあまり魅力的に感じてもらえないことも多いです。男性はやはり明るくて元気な女性を皆好むものですから、同じシングルマザーでも前向きに生きている人の方が素敵に思えてしまうのですね。

 

 

再婚を急かしてくる

シングルマザーにはなかなか再婚の機会は訪れないと言います。そもそも多忙な人が多いですし、シングルマザーを結婚相手に選んでくれる男性も、未婚の女性と比べればかなり少ない方にはなるからです。

 

だからこそ、良さそうな相手が見つかると「このチャンスを逃してはいけない!」と必死になってしまい、相手の男性に早いうちから再婚を迫ってしまうシングルマザーの女性は多いのです。

 

相手の男性からしてみれば、お付き合いのうちはまだお試しですし、子どもの父親になることも含めてよく考えたい途中ではあるはずです。責任もあることですから、そう簡単に結婚には踏み切れないでしょう。ですがそんなうちから再婚を急かされては、男性が萎えてしまい、結果として再婚に至らないケースはよくあるのです。